スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 

蜜の味〜A Taste Of Honey〜 最終話

蜜の味〜A Taste Of Honey〜」(フジテレビ系列木曜劇場ドラマ。大石静香脚本)がいよいよ最終回を迎えた。叔父と姪という世間からは認められない愛を貫き通し、二人で生きていくことを決めた雅人(ARATA)と直子(榮倉奈々)。二人の行く先に未来はあるのか。


続きを読む >>
drama ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

蜜の味〜A Taste Of Honey〜 第10話

大石 静 (脚本),百瀬 しのぶ (ノベライズ)
扶桑社
(2011-12-27)

蜜の味〜A Taste Of Honey〜」フジテレビ系列木曜22時放送。キャッチコピーは「あなたさえいれば。あなたさえいなければ」

ついに雅兄ちゃん(ARATA)が直子(榮倉奈々)への愛を語ります。


続きを読む >>
drama ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

蜜の味〜A Taste Of Honey〜

横山 克
ポニーキャニオン
(2011-11-30)
【ディスク1】
  1. Elysion(a cappella)
  2. honey
  3. remember the love
  4. kind of blue
  5. jump for joy
  6. bookend
  7. dreams
  8. like some one in love
  9. domination
  10. sentiments
  11. signal
  12. exploration
  13. memory lane
  14. sugar free
  15. spiral
  16. foolish
  17. out of nowhere
  18. two of a mind
  19. get it back
  20. beware
  21. together again
  22. night bird
  23. 1,2&3
  24. in deep
  25. the nearness of you
  26. punish me
  27. turnaround
  28. Elysion

蜜の味〜A Taste Of Honey〜」2011年10年13日からフジテレビ系列木曜劇場で放送。大石静脚本。

森本直子(榮倉奈々)は幼い頃から慕っていた叔父の池澤雅人(ARATA)を追いかけて上京。雅人が勤務する大学病院の医学部に進学する。しかし雅人には同僚の原田彩(菅野美穂)という恋人がいた。ショックを受ける直子。彩は直子の雅人に対する叔父以上の感情を敏感に察知し、直子を警戒する。そこから三人の関係が複雑化し、終わりの見えない三角関係へと突入する。


続きを読む >>
drama ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

記憶の海

松田 奈月
講談社
(2010-03-11)

2010年3月22日〜25日まで4夜連続で放送されたテレビドラマ。原作はTBS・講談社主催の第2回ドラマ原作大賞受賞作品。オフィシャルサイトはこちら


続きを読む >>
drama ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

流星の絆

東野圭吾の同名小説を原作にした連続ドラマ。原作の要素を大切にしながら宮藤官九郎が大胆に脚色。笑いとシリアスの絶妙な融合に引き込まれる。2008年10月17日〜12月19日までTBS系金曜ドラマ枠で放送。

続きを読む >>
drama ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

チルドレン


伊坂幸太郎,後藤法子
アスミック
(2007-02-02)
2006年5月にWOWOWのドラマWで放送された「チルドレン」。伊坂幸太郎の同名小説を、源孝志監督が映像化した。二人の家庭裁判所調査官を軸に、それぞれの人間模様が描かれる。主人公・武藤俊介(坂口憲二)の先輩、陣内達也役の大森南朋がすごくいい。第33回放送文化基金賞、番組部門テレビドラマ番組賞受賞作品。

続きを読む >>
drama ]
comments(2) : trackbacks(0) : 

美女缶

美女缶美女缶 / 筧昌也著. - 東京 : 幻冬舎, 2005

2005年4月12日にフジテレビで放送された「世にも奇妙な物語 春の特別編」の中の一つ、「美女缶」。美女が缶から出てくるその名の通りの「美女缶」は、一瞬ファンタジーのようだが徐々に雰囲気が変化していく不思議な作品。フリーターの雄太(妻夫木聡)は同棲中の春子(唯野未歩子)が出張で留守にしている間、美女に囲まれながら生活している奇妙な隣人の中年男性の部屋に忍び込み美女缶を手に入れ、美女「藤川サキ(臼田あさ美)」と出会う。最初は戸惑いつつも次第に二人の心は通い始めていく。そして春子が帰ってきて... 

続きを読む >>
drama ]
comments(2) : trackbacks(0) : 

花組公演「落陽のパレルモ」・「ASIAN WINDS! : アジアの風」@東京宝塚大劇場

落陽のパレルモ・ASIAN WINDS!花組・宝塚大劇場公演『落陽のパレルモ』・『ASIAN WINDS!』―アジアの風―

2006年新春、東京宝塚大劇場で行われる花組公演、19世紀半ばのシチリアを舞台にしたミュージカル「落陽のパレルモ」と、アジアをテーマにしたロマンチック・レビュー(いわゆるショーのこと)「ASIAN WINDS!」。「落陽のパレルモ」は、イタリア統一をめぐって激動の中にあるシチリアを舞台に、貴族と平民、その二つの相対する世界に生きる人物たちを描きながら、身分や時代を超え生き続ける愛の軌跡を描いた物語。 一方「ASIAN WINDS!」は、日本、中国、韓国を舞台に繰り広げられる華麗なオリエンタル・ムード溢れるレビュー。一つの公演で西洋の華やかさとアジアの奥ゆかしさを味わえる 、見所満載の歌劇。

続きを読む >>
drama ]
comments(1) : trackbacks(0) : 

お父さんの恋@PARCO劇場

お父さんの恋お父さんの恋 : Family Tale / 中谷まゆみ作 ; 板垣恭一演出. - パルコ+サードステージ Presents

映画「壬生義士伝」にて沖田総司演じる堺雅人さんをテレビで観たときの衝撃は今でも覚えています。久々に画面に釘付けになりました。それ以来、堺さんの出演映画作品を何本か観たのですが、やっぱり良かった。そしてその勢いに乗って、堺さんが出演する舞台、「お父さんの恋 -Family Tale-」を渋谷のPARCO劇場で観てきました。
続きを読む >>
drama ]
comments(0) : trackbacks(1) : 

松本清張 ■女と愛とミステリー■

▼原作はこちら
黒い画集黒い画集 / 松本清張著. - 59刷改版. - 東京 : 新潮社, 2003. - 737p ; 16cm. - (新潮文庫)

去年、「松本清張」という記事で、サスペンス・ミステリ系のドラマが好きなことについて触れましたが、中でも、テレビ東京の「女と愛とミステリー」シリーズが大好きです。というか、ミステリーものはこのシリーズしかほとんど見ません。なぜかというと、1.松本清張原作のものが多い、2.個性的な俳優がたくさん出ている、3.はずれの作品がほとんどない、とまあこんな理由からです。

続きを読む >>
drama ]
comments(0) : trackbacks(0) :