スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

ゆれる

西川美和
バンダイビジュアル
(2007-02-23)

東京でカメラマンとして活躍し、華やかな生活を送る弟の早川猛(オダギリジョー)と実家で家業のガソリンスタンドを継ぎ単調な毎日を送る兄の早川稔(香川照之)。母の一周忌を機に猛は帰郷し、稔の職場でアルバイトをしている幼馴染の智恵子(真木よう子)とも再会する。ある日3人は兄弟が小さい頃遊んだ渓谷に出かけるが、吊り橋で智恵子が転落死してしまう。その場には兄の稔がいた。智恵子が死んだのは事故なのか、それとも... 遠くでそのただならぬ光景を見ていた猛。猛が見たものとは? 一人の女性の死をきっかけに織り成す兄弟の心の葛藤が巧みに描かれる。

「今年度邦画ベスト1」など、口コミを含めてずば抜けていい評価を受けている日本映画だっただけに、それなりの期待を持って観てしまった。それがいけなかったのかもしれないが、鑑賞後の感想は、何を以って「いい作品」と言うのだろうかと思ったのが正直なところで、色々なところで消化不良の感が残り、複雑な気分に陥ってしまった。

よって、決して自分にとっては「おすすめ」の作品ではなく、ここに載せるべきではないと思ったのだが、自分の今までの経験上、最初の印象があまりよくない(不快感を与える、納得がいかない等)作品ほど、後々まで自分の記憶の中に強烈な存在感を放ちながら残り続けることが多く、もしかしたら「ゆれる」もその類に入るのではないか、という思いがふとよぎったので、敢えて記事を書くことにした。

人は、思ってもいないことを口に出せるものなのだろうか。思ってもいないことを敢えて言う、ということは成り立つのだろうか。もし、普段思っていることと正反対のことを言ってしまったら、それはむしろ心の奥底にある正直な気持ちなのだろうか。いや、私は一概にそうとは言い切れないと思う。「こう言ったら相手は傷つくだろう」という言葉を敢えて言ってしまう人の深層心理とはどういったものなのだろう。一体何のために? 香川照之演じる稔の姿を見て、こんなことを考えてしまった。

ネタバレになってしまうけれど、猛が「自分がすべてを奪った」ということを言う場面がある。本当にその通りで、すべてを奪い、壊したのは猛だ。その自覚が本人にありながら、猛はなぜ裁判であのような発言をしたのか。疑問と苛立ちが残る。そしてラストの、猛に気づき優しい笑顔を返す兄の稔。あの笑顔の意味は一体何なのか。そこにすべての答えが隠されている気がした。

ひとつの事件をきっかけに破綻した兄弟の絆。それは壊れるべくして壊れたもので、兄の稔は壊すきっかけをどこかに求めていたのかもしれない。都会でカメラマンとして成功し華やかな生活を送るが、自由気ままで女性関係に誠実とはいえず、父親ともうまくいっていない弟。それに対し兄は、仕事は田舎の家業を継ぎ、家では亡くなった母の代わりに家事に追われる生活。性格も弟と対照的で、実直で物分かりもよく、常に弟をかばう「兄」らしい兄。 住む世界があまりにも違う兄弟。その「ずれ」から生じかねない亀裂をすべて寛大な心で見守り丸く収めるのはいつも兄の稔だった。兄の寛容によって兄弟間の均衡が保たれていた。とはいえ、常に我慢しているのは稔であり、鬱屈したわだかまりは稔の中で大きくなっていく。

それが、一人の女性をめぐっての猛の仕打ちに稔の心は決壊する。今までの鬱積を猛にぶちまける稔。一度兄弟の仲を決裂させることにより今の関係を断ち切り、そして新しい兄弟関係を築こうとしたのだろうか。弟をわざと煽る稔の姿は壮烈で、かつ言いようのない痛々しさを感じる。そして、そんな兄の心理を最後まで読み取れなかった弟の猛。が、それによって兄弟は決別し、稔の望みどおりになった。稔は兄弟の関係を一度壊すことで、現況から脱却したかったのではないか。それに成功し、解放された稔はほっとする。

香川照之演じる稔の笑顔を見て、そんなことが頭をよぎった。が、犯罪者の烙印を背負うことになることを考えるとその代償は大きすぎる。そこまでして兄弟の関係を修復しなくてはいけないものなのか。そうしないと子どものときのような兄弟関係には戻れないのか。結局そんな疑問に陥ってしまうのである。私は一人っ子なので、子供のころから兄弟姉妹という存在に憧れや夢のようなものを抱いていたが、この映画を観て、一人っ子ってある意味楽なのかもしれない、と思ってしまったくらいだ。とにかく、私にはとても重いテーマの映画だった。

オダギリジョー、香川照之の演技は評判どおりよかった。香川照之のすごさは今回も十分に感じ取ることができた。が、私はむしろ真木よう子の演技が印象に残った。二人の男性の間に立つ微妙な立場を好演していたとおもう。特に猛と再会する場面で、猛の車の窓を拭くときの表情、けだるさと生真面目さをミックスしたとでもいうのだろうか、その不思議な表情の演技がよかった。

そんなわけで、俳優陣の演技を考えればとても高い評価の作品だとはおもうが、やはり内容として考えると、もやもやしたものが残る後味の悪い作品だった。色々な疑問を残し、見ている者にそういう複雑な感情を起こさせ(それが「ゆれる」というタイトルにつながる?)、考えさせるところが「いい」というのであればそれまでだが... 鑑賞後に、「あれはどういう意味だったんだろう」とおもうと、普通は何回も見直したくなるのだが、今回はそういう気にならなかった。

私にとっては、単純には「すごい」とは言えない映画だった。
cinema ]
comments(2) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS

posted by iyoko  at 2007/05/21 19:47
::団地さーん、こんばんは!
レビューを見て映画を鑑賞されたとのこと、とても恐縮ですが嬉しいですー☆
>鋭い突込みがなかったので心に響くものが曖昧になった
はい! まさにその通りです!!!
謎めいた部分が中途半端なのと、団地さんがおっしゃるように、現実味のない設定が私には不可解に思えました。
猛の自分勝手すぎる傲慢な性格が受け入れられなくて、最後のシーンもなんだか白けた目で見てしまった気がします...
と考えると、自分はただ猛が嫌いなだけなんじゃ?!なんて思ったりしました。笑
posted by 団地  at 2007/05/20 06:24
iyokoさん、おはようございますー。
こちらのレビューを拝見して、なかば好奇心混じりに私もこの映画を見てしまいました(笑)
感想はというと、んーまずまずかなといった感じですが、決してつまらなくはなかったです。
ただ、ここまで共通点のない兄弟ってありえるのかなーって感じで、そういう点はちょっと現実味がなかったです。
私は結構姉妹コンプレックスがある方なんですが、稔と猛の行動の不可解さ(?)については鑑賞者の想像にまかせるってことでOK?とか思いました、勝手に(^^;)
鋭い突込みがなかったので心に響くものが曖昧になった・・・という感じかな?
俳優陣の演技は良かったですよね!





cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: http://yangyangren78.jugem.jp/trackback/243